プロフィール

はじめまして!

当サイトをご覧いただきありがとうございます。

ブログ運営者のマツと申します。

僕は関東郊外で都内のカメラ屋やヤフオクなどを使いカメラ転売の仕事をしております。

また汚くなって価値が落ちているカメラレンズを修理・整備し、価値を上げて販売したり最近ではカメラ転売のコンサルも始めたところです。

現在は企業して4年目の36歳。

今では自分の好きなときに稼ぎ、旅行したいときにふらっと旅行に行ったり会社や時間に縛られない自由な生活を送っています。

しかしカメラ転売を始める前はカメラ屋にはもちろん1度も行ったことがありませんでした。

使ったことがあるカメラといえば小学校の修学旅行で使用した「写るんです」だけですし、カメラのレンズが取り外しできるなんて到底知らない状態です。

それだけでなくパソコンもほとんどいじったことがなく、SNSのアカウントを作るのに1日かかるほどのネット音痴。(今でもわかりません笑)

振り替えってみると、よくこんなんでネットで稼げるようになったなーって思います。

今回はそんなポンコツでも稼げるようになった課程など、僕のストーリーに少しばかりお付き合いいただければ幸いです。

社畜パティシエ時代:ブラック企業?パワハラ?なにそれ?

僕は高校卒業後、東京の料理の専門学校に進学し、卒業後は横浜に新しくオープンする個人経営の飲食店に就職。

シェフは鎌倉で腕を磨いたという28歳の野心溢れるタイプの人でした。

「この店を横浜の繁盛店にしたいんだよね!」とかなりギラギラした感じ。

僕ら従業員はお店がオープンする2週間前から出勤し、冷凍できるものや保存が効くものの仕込みを担当することになったのですが、とにかく忙しさが半端じゃないのです。

新規オープンの店ならみんなと同じスタートラインだし店の開店に携われるからとても勉強になるだろうなあというワクワクな気持ちは一瞬で吹き飛びました。

朝6時30分に出勤し帰るのは夜中の12時頃で休憩は30分です。

休みは安定の週1日。

当時はまだブラック企業なんて言葉は一般的ではなかったけど、現在でも飲食業では残業なんて概念はおそらく存在しないと思います(笑)

そしてだんだんオープンが近づくにつれてキッチンの緊張感も高まっていき、シェフも寝不足のためかピリピリ状態。

新卒で入った僕にとっては右も左もわからず材料をこぼしたり、作業が遅いとシェフから罵声やフォークが飛んでくる超ハードモードに。

1回材料の計量を間違えて30個のパウンドケーキを一瞬でボツにした時には本当に終わったと思いました( ゚Д゚)

僕があまりにも仕事が出来ないせいで途中からはキッチンではなく、お店の前でチラシ配りをすることになります。

「調理がやりたくて就職したのになんでチラシ配りなんだよ」という気持ち以上に「シェフから離れられるならなんでもいい」という嬉しさが勝っていました。

しかしそれもつかの間お店が開店すると、またキッチンに呼び戻されシェフに怒られる毎日。

新社会人としての慣れない生活スタイルに加え、シェフからの精神的ダメージで新卒2か月で早くも退社しました。

カメラ転売との出会い:新宿エクシオールカフェの悲劇

最初に就職したお店を2か月で辞めたあとは友人の紹介で運良く別のお店に再就職。

家族経営の老舗でこのお店ではスイーツの基礎を約4年間学びました。

この経験で自信が付いたこともあり次は横浜の大人気店で修業することを決意。

大人気店だけあって先輩の仕事の速さと正確さが尋常ではなく入社初日で実力の差をまざまざと見せつけられます。

ただ2、3年と続けるうちに次第に先輩たちの仕事の速さについていけるようになったことで、周りの見る目も変わり自己肯定感がめちゃくちゃが高くなりました。

修行も5年目を迎え色々な仕事を任されることは良かったのですが、唯一不安なことが給料が全く上がらないことです。

4年勤務して数千円しか上がっていないことに当時絶望した覚えがあります。

たしかに仕事は楽しくてやりがいがあるけど「このままで将来大丈夫なのか」と30歳を越えたあたりで漠然と思うようになりました。

お店は繁盛店だったので勤務時間は朝6時半から夜22時まで。

繁忙期にもなれば帰るのが夜中2時くらい。

そして当時の給料が22万円くらいで、しかも週休1日。

時給換算すると、悲しくなるのでやめときます(笑)

こんな労働時間でいつまで体力がもつかもわからない。

そう思いなんとか収入を増やすことはできないかと仕事から帰ってからはネットでお小遣い稼ぎや副業の方法を寝落ちするまで必死に調べる日々。

株や投資は資金がないとさすがに無理だろうし、何か低資金でできるものはないかと調べた結果まず見つけたのが本・CDの転売でした。

ブックオフで安い本やCDを購入してアマゾンで高く売るというとても単純なビジネスです。

当時は週1の休みにブックオフに行って仕入れる。

仕事後に閉店ギリギリのブックオフに行って仕入れる。

でも全然稼げない。

ネットでは副業でも月10万円稼げます!と書いているものの、月の利益は良くて3000円。

1品売っても利益が100~500円くらいにしかならないし、「本当にこれで稼いでいる人っているの?」くらいのレベルで悩んでいました。

そんな副業のことばかり考えて本業も手につかなくなっていたころ、とあるカメラ転売で稼いでいる人のブログを発見。

ブログをあさるように見ていると実際に買ったものの証拠写真と具体的なノウハウが書いてあり、利益はなんと1品2000~3000円とのことで、なんと本やCDの10倍。

それに加えてカメラは1年中需要が安定していて回転率もとてもいいとの情報も。

メルマガに登録するとカメラ転売の無料相談にものってくれる特典付きでまさに至れり尽くせりのブログでした。

しかし本・CDの転売で失敗したばかりの僕にとっては「今の労働時間でカメラ屋に行く時間あるかな?」「資金はどれくらい必要なんだろう?」「それよりカメラの知識なんて全くないけど大丈夫か?」など本業と両立することができるのかめっっっちゃ悩むこと1ヶ月。

あぁマジでどうしよう…..これを逃したらもうチャンスないかも…..。

と考えていましたが気づいたら社長に退職届を出していました(笑)

そしてカメラ転売の無料相談に応募し実際に稼いでいる方に初めてお会いすることに。

ブログでは顔を出していないため当日はどんな人が来るんだろう?

この人って本当に実在するのかな?

とまるで芸能人にでも会うかのようなドキドキ感。

新宿の紀伊国屋書店の前で待っているとその人は現れ挨拶も早々に近くのエクシオールカフェに移動しました。

移動している時も「うわっ!本当に来てくれた!」と興奮がMAX状態。

カフェでどんな話が聞けるのか楽しみにしつつまずは僕の現状について説明しました。

そして仕事を辞めたことを話したあたりでしょうか。

次第にその人の表情が険しくなり一言。

「ビジネスなめてます??<`ヘ´>」

とその言葉を合図に1時間ほど現状へのダメ出しの嵐。

しかし言い方はともかくすべて的確なダメ出しに僕は悔しすぎて涙が出る寸前でした。

こんなダメダメな状態では到底カメラ転売を教わるのは無理だろうなあと思って、出直すことを伝えようとすると、「じゃあやってみますか?」と耳を疑う言葉が。

次の瞬間「こんな俺でもいいんですか!」と心の中で叫んでいました!

現状の不甲斐なさをまざまざと感じた後でしたし、このまま帰っても何も変わらないという気持ちから即決でカメラ転売を教わることを決意。

そして僕がカメラ転売を教わってまず初めにやったことがバイトを探すという底辺からのスタートです。

仕事を辞めて収入が無い状態だったので、生活費&転売資金を稼ぐためにまずはバイトをしなければ話になりませんでした。

カメラ転売で稼ぐ:副業のカメラ転売で利益10万円達成

僕が始めたバイトはランチ営業もしている居酒屋さん。

時給は1000円で朝10時~21時を週5日というシフトで働きながら休みの日はカメラ屋に行って仕入れをおこなっていました。

もちろん最初から自分ひとりでは何を買ったらいいのかわからないので、カメラ転売のコミュニティの先輩と一緒にカメラ屋を巡り仕入れのコツや状態の見分け方などを勉強。

初めて仕入れたペンタックスのレンズで2000円の利益が出た時は「カメラ転売すげー!」「本当に売れるんだ!?」とか言って夜中にひとりで興奮していました(笑)

それからもコツコツと週5のバイトとカメラ転売を続けるも、1ヶ月目の利益が1万2千円、2ヶ月目が2万円、3ヶ月目が4万円と思うように利益が上がらない日々。

僕より遅くコミュニティに入ったコンサル生にも利益を大幅に越されてしまい、このまま利益が上がらなかったらどうしよう…..。

俺には才能がないのか…..。

そんな不安から夜も眠れずカメラ転売のことばかり考えていました。

そしてもっとカメラ屋に行ける時間を増やそうと考え、思い切って以前の居酒屋バイトを辞めイタリアンと夜勤の仕事を掛け持ちすることに。

朝9時~15時まではイタリアンで働き20時~朝6時まで夜勤というシフトを組み、バイトとバイトの間にカメラ屋に行く作戦です。

ただ最初はこのシフトに慣れず仕入れの途中で散々やらかしていました。

休憩しようと入ったドトールで寝落ちして夜勤に遅刻しそうになったり、夜勤終わりのマックで疲れすぎてコーヒーを床にこぼしたりと肉体的疲労はMAX。

しかしカメラ屋に行く時間を増やしたことで仕入れられる数も1日1個だったのが2個になり、調子がいい時は5個も仕入れられるようになっていき、4ヶ月目で12万円の利益を達成しました!!

10万円というひとつの目標を達成したことはもちろん、それ以上に嬉しかったのがエクシオールカフェで散々ダメ出しした師匠が少しばかりですが僕のことを認めてくれたことです。

目標を達成した嬉しさとやればやるほど利益が上がっていく楽しさで疲労を感じなくなり、無我夢中で作業した結果6ヶ月目で利益53万円を達成し独立!

そしてカメラ転売を開始して1年後には利益110万円を達成することができました!

新宿のエクシオールカフェですべてをダメ出しされた時はまさか自分がカメラ転売で独立するなんてこれっぽっちも想像できませんでしたし、半年でここまで人生が変わるとはほんっっっっっとに信じられませんでした!

こんなポンコツだった僕でも社会人時代の給料を1週間くらいで稼げるようになったのが、カメラ転売です。

今では転売仲間とノープランで気まぐれで旅行に行ける時間もできましたし、何より嫌な人間関係のないストレスフリーな生活を送ることができています。

もちろん努力なしに稼げるほどあまい世界ではないです。

特に最初はカメラの知識もないのでわからないことだらけですが、正しい知識をつけ正しく行動すれば正しい結果が出ることを学ばせてもらいました。

ブログの理念

僕がなぜこのブログを始めたかというと綺麗事かもしれませんが、カメラ転売を通じて自分で利益を上げるよりも、まだ稼げていない方に小さな成功体験を経験していただくことのほうが1000倍やりがいがあって喜びがあると感じたからです。

最近知人の紹介でまだカメラ転売で稼げていない方のサポートをさせていただいているのですが、人の成長する姿を間近で見ることの楽しさや利益が上がっていく嬉しさが自分のこと以上に嬉しかったのを覚えています。

今までは「コンサルって大変そうだよなあ」とか「自分で稼いだ方が早くない?」と思っていましたが、自分にもプラスの効果が絶大だということがわかりました。

なのでこのブログを通してお互いに向上していける関係が気づければと思います。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました!